スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなりたいとかさ。音楽とかさ。

ちょっといろいろあって、自分にとっての演劇と音楽について考える。
どっちかってと音楽の話。

芝居はやりたいことやって。歌は少しずつ仕事につながりはじめて。

自分どうなりたいのって聞かれると、歌で食ってやりたい芝居をやるのが理想って今は答えてます。

歌はやりたい歌じゃなくていいん?
ってなるねんけど。
それ「うん」って言ったらなんか違和感。
なんかね、音楽に関してはこういうのがやりたいってこだわりはあんまりないのよね。今は。
昔は近現代的なリズムと和声が大好きで。ピアノでもプロコが好きで鍵盤を殴り付けるような曲を好んでやってた。
それは今でも大好物。
高校で声楽やって。わたしはそこでもリズムいい捻った和声の曲が好きだったんだけど、周りからはゆったりした曲の方が向いてると言われて迷子になったりした。
でも二十歳超えたくらいからだんだん自分の音楽の許容範囲が広がったように思う。
ロックやヘビメタ系は相変わらずあんまり聞かないけど。
今も変拍子は好きやけど、自分の声の特性が活きる曲も好きになってきた。
噛み締めるように言葉を大事に歌いたいって思うようになっていって。
お客さんはそれに喜んでくれた。
逆に今は、それだけでいい。
歌詞が、感情が、言葉が届く歌なら民謡でもポップスでも、アニメやゲームでも、演歌でも。
自分がやりたい音楽にはそこまで大きなこだわりがない。ただ、それがいいと思えばやる。

これって、自分の音楽の在り方にもっと芯を持ってる人からしたら甘いのだろうか。
それ一筋にかけずに演劇なんて並行してやってるからこんな考え方になったんか。

でも、今の私にはどっちが欠けても、死ぬ。

じゃあ仕事にしたい音楽と仕事にしない演劇、何が違う。
演劇は食えなくてもいいからやりたいように。
って書くと、やっぱり歌はなんでもいいなんて半端な気持ちなんだなと自分に突っ込み入れそうになる。

そうじゃないんだよー。そうじゃないんだよー。だってないと死ぬもんー。なんなんだよー。

でも歌は確かに仕事が欲しいけど、メジャーに出たいとか、あんまりそういう方向にはベクトル向いてない。興味はあるけど。
それよか確実に営業かけて受注して、いろんなとこで派遣演奏してそこの人と交流して、みたいなのになりたい。
まあ、間違ってゲーム主題歌の仕事とかがあれば飛びつくのかもしれないけど。

なんしか、やりたいことははっきりしてるのに信念とかがふわっふわなんですわ、私。
あかんよ。あかんか。

まあね。
劇団とか芝居のユニットもってる歌手って、おらんよねえ。
音楽やってる演劇人はいっぱいいるのにね。
とか思ったけど、一人いてはったそう言えば。

当分悩みますわ。なんかまあ。
スポンサーサイト

comment

Secret

御意のプロフィール
セリフの断片
ニコ生
御意が時々ニコニコ生放送。
月別アーカイブ
Facebookページ
御意≒AGATA(Project UZU)のページ、あります。 いいね押してね。
RSSリンクの表示
この世界に滞在中の人
この世界を訪れた人
AGATA
cd_kashi_1-12.jpg AGATA 1st Album 「Pray」 発売中
詳細はこちら
iTunes Storeでの購入はこちら

ceiscover0001.jpg Ceisデビュー・アルバム 「Wandering Aengus」 発売中
詳細はこちら

派遣演奏承ります。 詳細はこちら
真ん中のつぶやき
LINK
Contact
UZUへのお問い合わせ・出演依頼・上演依頼等はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事を探す
携帯で見る
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。