スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁の話。

今までに何度か。ブログに自分の前にある壁の話を書いたことがあります。

自分には越えられない大きな壁がある。登りかたは実はなんとなくはわかってきてるんだけど、壁の向こう側の景色を目の当たりにするのが怖くて、のぼれないでいる、そんな壁。

その壁の向こうの、まだ私に見えない景色の中で生きてる周りの人たち。どんなに親しい人でも、その壁の存在を感じる時は、その人たちは自分とは全く違う生き物で、不思議な宇宙人のように見えたり、恐ろしい化物に見えたりする。

そういうときは、息を殺して、その化物の気配が消えるまでじっと耐えたり、身を隠したりする。

そんな風にしてきたんだけど。
この頃、なにか変わりそうな気もする。そんな気がしている。

何で変わってるのかというと、その壁の存在をを人に少しずつ言えるようになってきたからかな。ほんと少しずつだけど。
そしたら、壁の向こうからちゃんと人の姿をして声かけてくれる人とか、登れるようにこっちに手を伸ばしてくれる人が、少しだけでてきた。

思い込みなのかもしれない。人の姿をした化物かもしれない。もしくはそのつもりのない人にかなり図々しい勘違いをしているのかもしれない。
でもそれでも、それが力になるのなら、思い込みでもなんでもしてやればいいと、想ってみている。

少しずつ、少しずつ。

壁を越えきらなくても、向こうの景色が見えたら何か変わるだろうか。
伸びてる手が真実なら、掴んでみてもいいだろうか。

幻でなければいいのだけど。
そうだった場合のことは今は考えないでおこうかなあ。
スポンサーサイト

comment

Secret

御意のプロフィール
セリフの断片
ニコ生
御意が時々ニコニコ生放送。
月別アーカイブ
Facebookページ
御意≒AGATA(Project UZU)のページ、あります。 いいね押してね。
RSSリンクの表示
この世界に滞在中の人
この世界を訪れた人
AGATA
cd_kashi_1-12.jpg AGATA 1st Album 「Pray」 発売中
詳細はこちら
iTunes Storeでの購入はこちら

ceiscover0001.jpg Ceisデビュー・アルバム 「Wandering Aengus」 発売中
詳細はこちら

派遣演奏承ります。 詳細はこちら
真ん中のつぶやき
LINK
Contact
UZUへのお問い合わせ・出演依頼・上演依頼等はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事を探す
携帯で見る
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。