スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンドラ振り返り お話編 #パンドラ樹の章








振り返りも最後にしようかと。

パンフにもちらっと書いてたんですが。
今回のお話のざっくりとした構想はパンドラシリーズをはじめる時から考えてまして。その結末だけを決めていませんでした。
それまでの三年間で自分の価値観がどう変わるかなーなんておもってたので。

自分の価値観。
私は脚本に自分自身を投影させるタイプだと思います。それこそ見る側にはどっちでもいい話なんですけどね。
パンドラが抱いてる不信感とか、盲目感とか、信じたいものとか。
女達の笑い声も、私には実際に聞こえていたものだし、黒いマントの人物は本当に殺したい人物でした。

今回、今までの私の作品の中では異色でした。
いつもファンタジーを書いてるのに、今回はある意味現実的な生々しいものを敢えて入れました。
過去パンドラシリーズは、結局パンドラが空想で作り出してる世界で、今年はパンドラという人物の現実のお話。

ファンタジーだからって、全部綺麗である必要なんてないと思うし、ファンタジーの世界だって、人間が同じように生まれてくる世界なのであれば、そんな事だってあるんだって。そう思うのです。

アダルトなネタが入ってきたことに、私をよく知ってる人程驚いていたように思います。
実際今回はかなり冒険でした。

別にこれをやったからって、その、テーマがどうとかでもなくて。自分の引き出しに蓄積したもやっとしたものが形になったってだけで。
作品にしたからってこのもやっとしたものが晴れる訳でもなくて。
そのために演劇をやってるわけではないはずだから。

だから、このもやっとしたものをぶちかまして、それで、面白かったって言ってくださる方がいるって、それだけで私は幸せになれました。

そう言ってもらえる作品に一緒に創り上げてくれたみんなにも、本当に感謝していて。ありがとうございます。


で。パンドラ初期段階の構想では、これでお話は完結だったんですけど。
あと一年、続きます。
最後は、私の創作の、原点へ。
収束した物語の行方を追ってみたいと思います。
今年はかなり会話劇だったんですけど、単純に最終章は派手にやりたいなあとは思ってます(笑)

年末くらいには、ちゃんとお話作っていきますので。
どうぞ、最後までお付き合いいただければ幸いです。
スポンサーサイト

comment

Secret

御意のプロフィール
セリフの断片
ニコ生
御意が時々ニコニコ生放送。
月別アーカイブ
Facebookページ
御意≒AGATA(Project UZU)のページ、あります。 いいね押してね。
RSSリンクの表示
この世界に滞在中の人
この世界を訪れた人
AGATA
cd_kashi_1-12.jpg AGATA 1st Album 「Pray」 発売中
詳細はこちら
iTunes Storeでの購入はこちら

ceiscover0001.jpg Ceisデビュー・アルバム 「Wandering Aengus」 発売中
詳細はこちら

派遣演奏承ります。 詳細はこちら
真ん中のつぶやき
LINK
Contact
UZUへのお問い合わせ・出演依頼・上演依頼等はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事を探す
携帯で見る
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。