スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちは若くありたいといいながら。

今日、お客さんでかわいらしい老夫婦を見た。二人とも背が小さくて真っ白白髪で、足が弱いのかすごいゆっくり歩くんだけどにっこにこしてるの。

で、ふと思った。気持ちが若くあるってことが一概にいいとはいえないんじゃないかって。

いつまでも活動的に、エネルギッシュに生きていたいって常日頃思ってるんだけど、体はどうやってもいずれ衰えるわけで。
で。ずっと十代のような気持ちで生きていってて、その衰えが枷になってくる時ってのがくるわけで。それって苦しいし、無理がでてくる。
それなら、衰えることも受け入れて、体と一緒に気持ちも年老いていったほうが余裕のある人生が歩めるんじゃないかって。

あの老夫婦がもしバリバリ気持ちが動ける状態だと、あの体は窮屈で苦しいものだ。でも、それを受け入れてるからこそあの人たちはおおらかに笑っているのであって。

あんな穏やかに過ごせるおばあちゃんになりたい。


その反面、それを受け入れること自体老いを早める気もするし、自分への甘やかしのような気もする。
でも、理屈ではなく感情として、老いがやってくるってことを受け入れられる大人にはならなくちゃいけないと思う。気持ちと体が本当に噛み合わなくなってしまえば、人間は生きていけないのだと本当に思う。
スポンサーサイト

comment

Secret

確かに!

受け入れる事は、大事ね、無理に逆らっては、ダメね!
御意のプロフィール
セリフの断片
ニコ生
御意が時々ニコニコ生放送。
月別アーカイブ
Facebookページ
御意≒AGATA(Project UZU)のページ、あります。 いいね押してね。
RSSリンクの表示
この世界に滞在中の人
この世界を訪れた人
AGATA
cd_kashi_1-12.jpg AGATA 1st Album 「Pray」 発売中
詳細はこちら
iTunes Storeでの購入はこちら

ceiscover0001.jpg Ceisデビュー・アルバム 「Wandering Aengus」 発売中
詳細はこちら

派遣演奏承ります。 詳細はこちら
真ん中のつぶやき
LINK
Contact
UZUへのお問い合わせ・出演依頼・上演依頼等はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

記事を探す
携帯で見る
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。